釣果情報
2022/01/19

ニジよりイワ・ヤマ

本部|碇山 篤志
活動詳細
イワナ, ニジマス, ヤマメ
最大サイズ
40 cm
釣果
40匹ぐらい
釣り方 エリアトラウト・管釣り
天候 晴れ
場所 大阪府 芥川マス釣り場
釣行日 2022年01月15日
同行人 下村さん、平田さん、尾上さん、中田さん、他3名
使用道具
ロッド
ブンブンスティックトラウトB42、カーディフXT60XUL、カーディフNX50UL
リール
コンクエストBFS HG L、ツインパワーC2000S、ストラディックCi4C2000HGS
ルアー
パニッシュ70、55、K1ミノー65、パニクラDR、シャイラ、ぐるぐるX、スフーン、鱒の華
ライン
PE0.4、フロロ2lb.
リーダー
フロロ4~6lb.
レポート

こんにちは、碇山(いかりやま)です。

今回は管釣り&BBQに誘っていただきみんなで芥川へ。


芥川のマス釣り場といえば、釣れる管釣りの代名詞といってもいいほどとにかく釣れる!最近満たされない釣り欲をここぞとばかりに満たそうと思っています。

昔よく遊びに来ていた釣り場でもある久しぶりの芥川。去年芥川へ行こうとしたが予約いっぱいで入れなかった分も今日は釣りまくりたいとこっそり思っています。


上流エリアの1番上のエリアを2区画予約していただいてたようで流れ込みもあり場所も最高です。

準備も済ませて釣り開始!すると早速平田さんがいきなりのビッグフィッシュをヒットさせる!45cm超…そしてとにかく太いニジマス!


これに続けと気合いが入ります。まずはスプーンから手堅く狙っていきます。なかなか苦戦する中、銅も黄色系のスプーンに反応が良さそうなのでチェンジ。さらに魚の着き場も水中に伸びる馬の背状の地形の両サイド…ここが大当たり。面白いように連続ヒットしどんどんと釣り欲が満たされていく。


ある程度釣った所で、ちょっと狙いを変えてタックルチェンジ。『ブンブンスティックトラウト』のベイトモデルをお借りする。


まずはウェイトがあり投げやすそうなクランクから。

…予定通りしっかりニジマスを釣り上げる。


そして今度はヤマメ、イワナ狙いでミノー。

…狙い通りヤマメがヒット!


普段渓流で使っているモデルと似た使用感ですが、穂先から良く曲がるのでエリアでのプラグ全般しっかりウェイトが乗ってくれるので問題なく投げれそうです。

ショートロッドで下向けアクションもやりやすく、ベイトモデルならではのキャスト性能を活かしてミノーで岸際や地形変化等ピンポイントをクランクで狙ってう等のプラッギングが楽しそうです。


まだイワナを釣ってないので、引き続きミノーでニジマス以外を狙ってみます。

ここではイワナは障害物周り、ヤマメは単独でちょっと浮いてるのを見かけました。ヤマメは追ってくるのが目に見えるので色んな誘いを駆使すれば表層まで追ってきて食わせる事も出来ます。一方イワナは流れの中や障害物から突然現れるのでここ一番という場所では気が抜けません。どちらも捕食モードのスイッチが入ると目の前まで追ってきて食わせる事も出来るので最高に楽しいです。


ニジマスと違って激しい動きにアタックしてくるイワナやヤマメは狙っていても最高に楽しいですし、何より何とも言えない美しい模様も最高ですね。



昼はBBQを楽しみつつも、やっぱり食欲よりも今日は釣り欲です。

渋くなってきたので再びスプーンに。

朝は黄色系が良かったか流石に沈黙…いろいろスプーンをローテーションしつつ、巻くスピードやレンジを調整すると再び入れ食いモードに。ニジマスメインながらいいサイズも飛び出す。


しかし突然入れ食いもパタっと終了…

もうお腹いっぱいなのか?それでは食後のデザートにフェザージグ系を投入。前回も良かった鱒の華。

イマイチパターンが分からずどちらかというと苦手な釣りだったのですが、ロングステイ(放置)がいいらしいので、シャクリ&ステイ…アタリを待つ。

何度もアタルが早合わせしても掛かりません。様々なタイプのアタリがある中、本命の釣れるアタリを見極めタイミングよく掛けないといけません。


このアタリが多いのに、掛けるのが難しい…これが逆に燃えるのです。アタリは確実に多いので初心者にもオススメです。微妙な色の違いで魚の反応が全く違うので見やすい色、地味な色…等色々試して見るのがオススメです。



昔来ていた時よりも魚種も豊富でニジマス以外にもイワナやヤマメ等のヒット率も高く、魚種が違えば狙うパターンも増えて楽しめます。また釣り場もさらに綺麗になっております川底も深く掘ってあるので釣れるポイントも増えています。


数や種類、サイズも狙える芥川。初心者ファミリーも経験者もどちらも楽しめる釣り場になっているので是非足を運んで楽しんでみてください。

もっと見る
条件から検索
本部
碇山 篤志
一覧へ戻る 印刷モード