釣果情報
2022/01/21

初船メバル釣り in 明石 丸松乗合船

本部|池本 和行
活動詳細
メバル, ガシラ、ベラ
釣果
メバル1匹、ベラ1匹
釣り方 船サビキ仕掛
天候 晴れ
場所 兵庫県 明石 丸松乗合船
釣行日 2022年01月15日
潮回り 中潮
同行人 本社スタッフ 長谷川、山地、東
使用道具
ロッド
ダイワ:AブリッツメバルM-360
リール
シマノ:バルケッタBB300HGDH
しかけ
ササメ:にんにく漬けじゃこメバル4-0.5、5-0.8、カワセミ:船メバルサビキ4-0.6
道糸
PE0.8号
エサ
アオイソメ、イシゴカイ、オキアミ
その他
ホゴオモリ30号
レポート

船のメバル釣りへ、本社スタッフ3名と明石の丸松乗合船さんへ行ってきました。


朝5時頃から受付開始。船メバル料金7,500円を支払い、乗船。

左舷真ん中ほどの釣り座に4人並んでワイワイと仕掛けを準備する中、6時頃出船。

ポイントへは15分ほど、水深は20~30m。

「ササメ にんにく漬けじゃこメバル」ハリス0.8号にホゴオモリ30号で釣り開始。


かなり渋く、船中全く魚の気配がほぼ無く1時間が経過。

そんな中、本社スタッフ長谷川氏が良型のメバルをゲット!

さすがです。


その後も釣れない時間が続き、仕掛けをハリス0.5号と細くするなどするがアタらず。

ボウズかも・・・と頭をよぎる中、メバルの活性があがったのか、同行の山地氏、東氏と続けて釣り上げる。

山地氏2連掛け。さすがです。


東氏


そして私にも待望の1匹がヒット。

20cmちょっとでしたが、なかなかの引きでした。


その後再び、釣れない時間に・・・。

この日のメバルの時合は一瞬でした。


その後は、ベラを1匹追加して納竿となりました。



かなり厳しい釣果となりましたが、船中ではもっと釣られている方がおられました。

どうやら、エサにエビを使っていたようでした。

次回はエビなどを用意してリベンジしたいと思います。


今回初めての船メバル釣りで、全長の長い船メバルの仕掛けに苦戦するかと思いましたが、

船メバル専用の竿のおかげか、意外と竿先への糸がらみも起きることなく1日釣りをできました。

仕掛けが長いので、竿も長いものが必須になります。糸がらみのトラブルを考えると中通しの竿がオススメです。

船中も中通しの竿を使っている方が多かったです。


港にもどってから、「釣り好きの石けん」で手洗い。

いい感じに魚のにおいがとれました。



釣りの後は、疲れた体を明石焼きに癒してもらいました。

もっと見る
条件から検索
本部
池本 和行
一覧へ戻る 印刷モード