釣果情報
2022/01/21

厳し過ぎた明石船メバル

本部|東 卓矢
活動詳細
メバル
釣果
メバル1匹
釣り方 船サビキ仕掛
天候 晴れ
場所 兵庫県 明石市
釣行日 2022年01月15日
潮回り 中潮
同行人 本社スタッフ3名
使用道具
ロッド
ダイワ ブリッツS300
リール
シマノ バルケッタ Fカスタム
しかけ
ササメ じゃこメバル
道糸
1.0号
リーダー
4号
エサ
イソメ、ゴカイ、オキアミ
レポート

今回明石で船メバルに挑戦してきました。前情報では1日アタリは3回ほどでその時にどれだけ追い食いさせられるかで釣果が変わると。


先に言うとそんなにアマくはなかったです。


5時半集合で6時前には揃ったので出船です。少し走り淡路島の西側沖から釣りスタートです。

慣れない長い仕掛けをセットしオモリは30号、底まで約30m、着底したらすぐに底をきって待ちます。。。なにもありません。


周りも釣れてない感じです。しばらくすると横で長谷川さんにヒット!上がってきたのはメバル。丸々とした良型です。

このサイズが釣れるのかと期待が膨らみます。


しかしこの後、このメバルのお腹のようにパンパンに膨らんだ期待はみるみる萎んでいくことになるのでした。


良型が釣れた後何ヶ所か移動しますが、反応なし。

2m〜4mの磯を避けたり避けきれなかったりしながら、磯避けゲームをして時間だけが過ぎていきます。


もう覚悟を決めようかと思った11時頃、待望のアタリが!!

追い食いを狙いますが待ちに待ってたので少ししか我慢出来ず上げます。何とかボウズ回避。

サイズはオモテタントチガウゥ

活性が上がったのか周りでもバタバタと釣れます。


もしかしてこれからかと思いましたが、これまででした。。


港に戻りながら何ヶ所かまわりましたが、追加出来ず。


ベテランの方達はこの厳しい中しっかりと拾っていかれてたので何かが違うのでしょう。エサなのか仕掛けなのか、釣り方なのか釣り座なのか分かりませんが奥が深そうです。


収獲は捨て糸は必須ということと、おまつりしても意外と解けると言ったところです。


また機会があれば挑戦したいと思います。

もっと見る
条件から検索
本部
東 卓矢
一覧へ戻る 印刷モード