潮岬のスルルー(スーパーフカセゲーム)釣行

西昆陽店|嘉田 康司
  1. 1.jpg
  2. 2.jpg
  3. 3.jpg
  4. 4.jpg
  5. 5.jpg
活動詳細
アカハタ, オオモンハタ, オジサン/ヒメジ, カンパチ/カンパチ, クエ/アラ/スジアラ, フエフキダイ, 青物(ブリ・ハマチ・メジロ・ワラサ・ツバス)
釣り方 スルスルスルルー
天候 晴れ
場所 和歌山県 潮岬 うりた渡船
釣行日 2022年07月12日
同行人 ブンブンスタッフ7名
使用道具
ロッド
ライアームBG3-50プロトタイプ
リール
ストラディックSW10000HG
道糸
サンライン磯スペシャルフカセモンスター10号
ハリス
ブラックストリーム10号
ウキ
キザクラ 沖縄SP2号
エサ
きびなご イワシスライス 計4キロ
その他
ハリ がまかつタマンスペシャル
レポート

今回はスルルー釣法の勉強会とシマノさんから今秋発売予定のライアームBGの試投会を兼ねて、本州最南端の潮岬うりた渡船さんに行ってきました。


私は堺店組と一緒に袋との磯境である二ノ島へ。早速仕掛けを作り南向き先端から釣り始めます。マキエを撒きながら第一投、オープンベールでサミングしながら送り込んでいるといきなりアタリ!ベールを戻して臨戦態勢に入りますが2発目の締め込み時にまさかのすっぽ抜け・・・仕掛けを回収するとハリスの先端が豚のシッポ状態に・・・そうです、やってしまいました。ハリス10号で締め込み不足、一番してはならない失態を・・・


またすぐアタるだろうと気を取り直して再開しますが次はエサ取りの猛攻にさらされます。きびなごがこんなにエサ取りに弱かったとは・・・しばらく続けますがサシエがいつ取られているかもわからないので、ウキ止めを付けて半誘導仕掛けにします。これでエサ取りがつついている状態が把握できるようになり手返しが早くなります。際をしつこく攻めているとウキがゆっくりと海中へ!一度止まりますがさらに加速したタイミングで大アワセ!しますが軽い。。。勢い付け過ぎ水面から飛び出したのは真っ赤なオジサン。。。


途中で磯変わりを行い名礁ドウネへ!しかしここもエサ取りひどく昼まで頑張りましたがその後はドラマなく納竿としました。今回初めてスルルー(スーパーフカセゲーム)をやりましたが非常に面白い釣りでまだまだ工夫次第で進化しそうです。道具も大型ジギングリールとBGモデルの磯竿の組み合わせでしたが思ったほどしんどくもなく半日がっつり手持ちで釣りが出来ました。元々は全遊動で流していく釣り方ですが和歌山ではそこまで潮の走る磯も少ないので、ウキ止めを付けた半誘導やドン深磯際を脈釣り風に釣っても効果ありそうです。現に今回同行した梅田組がオオクラの際でクエを獲っています!


もう一度マキエ多めでサシエの種類を増やして挑戦したいと思います。

もっと見る