More Fun, More Enjoy

釣り情報

船タコ(須磨沖&淡路沖)

サイズ
21杯 cm

京都 伏見店今井亮太郎

魚種
釣り方
場所
サイズ 21杯 cm
釣行日 2024-05-15
天候 曇り
潮回り 小潮
同行人 友人N

コメント

パイレーツ(大雄丸)にお世話になり、船タコに行きました🐙

朝4時半に集合→5時出船!

向かうは須磨沖&淡路沖^ ^

今年は数がかなり釣れるんだとか!

これは期待大(^^)

この日は曇りでローライト!

まずはハリミツ 墨族スッテM2個付け

鉛は50号でトントンしているとー

700g マダコ🐙

幸先よし!!!

こんな感じでワームをつけてアピールUP⤴︎

一緒に行っていた友人はシマノ タコマスターフラッシュブースト スッテMで!

タコエギでも釣れますが、やはりスッテタイプが高反応🐙

朝一ラッシュが終わり、渋い時間に突入😇

潮が早くなり底をトントンする時間が少なくなり、タコも釣れなくなりました!

潮が早くなると特に小さいタコ達は巣穴に入ろうとします。捕食活動ではなく、流されないように隠れる感じ!

それでも諦めまずにトントンしていると

小さいですが、ヒット!

このタコはリリースしました♪

大きくなって帰っておいで〜

潮が緩んだタイミングで、連発!

友人も連発ヒット‼️

この日はフラッシュブーストと黄色🟡

タコエギに好反応🐙

その後も釣り続け、タコ21杯となりました。

最近よく聞かれるスッテタイプのメリットをご紹介します。

①タコが小さい今時期はスッテの方がよく釣れます。タコが小さいので、小さいシルエットの方が抱きやすい。

②細かいシェイクもきちんと伝わる

タコエギよりスッテの方が自重が軽くその分レスポンスよく動く→アピール強い→抱きつく

③ボトム感度があがる。

これは完全に私個人的な感覚ですか、スッテの方が明らかに感度が上がる気がします。

これらの理由で私はよくスッテタイプのタコエギをよく使います。

またスッテタイプのタコエギを使ったことない方は是非試してみてくださいね^ ^

 

 

 

使用した釣具

釣竿 ダイワ メタリアS175
リール ダイワ ティエラ A IC 150DH-H
ルアー 墨族スッテ タコマスターフラッシュブーストスッテM
道糸 PE2号
ハリス フロロ7号